関節炎にはアレルギーとの関連を指摘する医師や研究者がいます。
ご存知のように、アレルギーは誰にでも起こる可能性があり、発症することを予測する事も難しく、メカニズムが全て解明されていない場合が多くて、年々患者数が増えていることからも現在は大きな問題になっています。アレルギーは多くの症状が知られており、代表的なものは花粉症やじんましん、喘息、アトピー性皮膚炎などがあって、関節炎を起こす方もいるとされます。
関節炎とアレルギーは一見関連がないように捉えられているのが一般的ですが、アレルギー反応から関節炎を発症する患者がいる可能性が判明しつつあり、更なる研究が待たれている状況です。関節炎は関節内の炎症によって起き、その炎症がアレルギー反応による結果と考えられているようで、アレルギー体質の方が関節炎を起こす傾向が認められる場合には、食事や生活環境などに注意が必要になるでしょう。
関節炎を患い、治療を進めていても何度も再発するようであるなら、アレルギーが原因かもしれません。その際には、アレルギー専門の医師と相談し、アレルゲン確定の為のアレルギーテストを受けると良く、関節炎になる要因を確定して、アレルゲンを除去出来るように食生活などに注意を払いましょう。

 

 お菓子レシピ  おもてなし料理レシピ

関節炎はストレスとも無縁ではありません。むしろ、ストレスから派生する疾病は多く、関節炎の原因になる事もあるのです。
関節炎を起こす過程を説明すると、ストレスがかかった状態の人の体では、筋肉が緊張し、手足がこわばって、思うように動かせなくなる事があります。その状態では筋肉はおろか、関節にも負担が増してしまい、関節炎の症状を起こしてしまうのです。また、ストレスは神経や免疫機能にも影響をあたえますから、関節炎を加速する体内環境になってしまう危険もあります。
関節炎の原因は関節の損傷もありますが、ストレスで起こす行動からも関節炎発症に関係があることも考えられます。ストレス状態で、歯を強く噛み締めたり、貧乏ゆすりのように小さな動きを頻繁に行うことで、関節の痛みや腫れを引き起こす事があります。ストレスによるあごの関節のダメージは顎関節炎を招くとされます。顎関節炎の原因は、筋肉の緊張や顎の骨の異常などが考えられ、ストレスから筋肉が緊張して罹患することがあるのです。
また、ストレスは関節リウマチを発症する要因のひとつとされ、ストレスのコントロールは重要です。関節炎予防の意味でもストレス解消を心掛けて、時折ストレッチをしたり、心理的負担を取り除くようにしましょう。

 

 メンズエステ  鍋料理のレシピ  ネット証券

カテゴリ

月別アーカイブ

このサイトを購読する